【慰謝料請求】浮気や不倫で離婚!慰謝料の相場はいくら?

失敗しない探偵選び。たった2分で出来る簡単な手続き



 

浮気や不倫をめぐる話で出てくる「慰謝料」。

 

ニュースなどでも「慰謝料」という言葉はよく聞きますが、
どういう意味かと聞かれると、説明が難しいのではないでしょうか。

 

 

慰謝料は、簡単にいうと、
相手の心に負わせた傷に対して支払うお金です。

 

 

離婚は夫婦がお互いにつらい思いをすることが多いのですが、
中にはどちらか一方のみが傷つく場合があります。

 

この時に、相手を精神的に傷つけた時に支払うものが慰謝料です。

 

 

慰謝料の2つの意味

 

 

慰謝料には、2つの意味があります。

 

1つ目は、夫婦のどちらかが不倫をしたり、暴力を振るうことで相手に精神的な苦痛を与えてしまったことに対する償いとして。

 

2つ目は、夫婦関係が壊れたことで、配偶者としての立場を失い、
世間体などでつらい思いをした精神的な苦痛に対する償いとして。

 

 

離婚の慰謝料は、どちらの要素も含んでいます。

 

離婚をれば、必ず慰謝料が貰えるというものではありません。

 

慰謝料は、妻や夫に精神的につらい思いをさせたとき、
それをつぐなうために支払われるものです。

 

 

慰謝料を請求できるケース

 

 

はっきりと相手が悪いと分かる場合は慰謝料の請求ができます。
しかし、一方的に相手が悪いと言えない場合は、慰謝料が請求できないこともあります。

 

どのような場合に慰謝料の請求が可能か、不可能か。
よくあるケースとともに紹介します。

 

 

浮気・不倫をされた!慰謝料は請求できる?

 

夫か妻、どちらかが不倫をしていた場合は、
慰謝料を請求することができます。

 

浮気や不倫は、慰謝料が請求できる代表的なケースです。

 

 

不倫などの不貞行為は、
裁判で離婚ができる「離婚原因」のひとつです。

 

結婚相手が浮気をすれば、
精神的につらい思いをするのは当然だからです。

 

 

不倫の場合は、パートナーだけでなく、
不倫相手に対しても請求することができます。

 

 

不倫は愛人や間男と行なうものなので、
法律でいうところの「共同不法行為」に当てはまります。

 

 

不倫にもとづく慰謝料は、パートナーにも不倫相手にも
同時に請求することができますが、
どちらか一方から慰謝料の全額が支払われた場合には、
もう一方に二重に請求することはできません。

 

 

不倫は発覚したけれど、離婚はしたくないという場合、
不倫相手にだけ慰謝料を請求することもできます。

 

 

モラハラがひどい!慰謝料は請求できる?

 

モラハラについても、その程度によっては慰謝料が請求できます。

 

※モラハラとは、モラルハラスメント(言葉や精神的な暴力)の略語です。

 

相手の言動により、あなたや子どもが
精神的な苦痛を受けた場合、慰謝料の請求が可能です。

 

 

暴力を振るわれた!慰謝料は請求できる?

 

 

浮気と同じくらい慰謝料を認められるのが、
結婚相手からの暴力(DV)です。

 

暴力を受けた場合は、
精神的な苦痛だけでなく、肉体的な苦痛も生じます。

 

体が傷つけられたことを証明できる
診断書などの証拠があれば、慰謝料を請求できます。

 

 

性格が合わない…慰謝料は請求できる?

 

 

性格の不一致が原因で離婚した場合は、
慰謝料が請求できないことがほとんどです。

 

この場合は、どちらか一方だけが
つらい思いをしたとは認められません。

 

性格の不一致からくる離婚は、
政府が公表している離婚の原因のトップです。

 

 

 

飲酒やギャンブルがひどい!慰謝料は請求できる?

 

飲酒やギャンブルは、
程度により慰謝料が認められます。

 

たしなむ程度の飲酒や、
ひまつぶし程度のギャンブルでは難しいです。

 

しかし、度を越えた飲酒やギャンブルでは
パートナーの心を深く傷つけたと評価されます。

 

この場合は慰謝料が認められます。

 

 

 

精神障害や生死不明の場合は?

 

 

精神障害や生死不明では、
通常、慰謝料は請求できません。

 

 

強度の精神病や三年以上の生死不明は、
法律によって、裁判上の離婚原因とされています。

 

しかし、いずれの場合も、
その当事者が好き好んでなった状態ではありません。

 

仮にパートナーがつらい思いをしていても、
当事者に慰謝料を負担させるのは酷だと考えられるからです。

 

 

 

セックスレスが続く…慰謝料は請求できる?

 

セックスレスで慰謝料を請求するのは難しいです。

 

 

確かに性交渉は夫婦の大切な要素のひとつです。

 

しかし、性交渉がないことだけを理由に
慰謝料を請求することははむずかしいようです。

 

 

セックスレスで慰謝料を求めるには
相手が性交不能であることを隠していた場合や、
性交渉を再三求めたのに応じてくれないといった要素が必要です。

 

 

慰謝料は、どのくらい払ってもらえるのか?

 

浮気の場合、一般的な相場は100万円〜200万円。
さらにそれが原因となって離婚する場合は、200万円〜300万円ほどです。

 

 

さきほどの慰謝料の意味を両方
含んでいる場合が200万円〜300万円ほどです。

 

 

この相場を「基準」として、慰謝料は増減します。

 

慰謝料が増える場合は、
熟年離婚など婚姻期間の長い場合や、
夫が家庭の外に子どもを作っていた場合です。

 

 

逆に慰謝料が減る場合は、
ダブル不倫など、慰謝料請求している側にも何か問題がある場合です。

 

この場合は慰謝料が減額されたり、
慰謝料が認められなくなることもあります。

 

 

 

夫や妻に浮気をされた場合、
たくさん慰謝料をとってやろうと思いますが
慰謝料だけでは100万円〜300万円です。

 

 

芸能人やスポーツ選手の離婚するとき
慰謝料は数億円!といった話も出てきますが、
これらは非常に特殊なケースです。

 

芸能人やスポーツ選手の場合は、
慰謝料だけでなく、
財産分与を含めた金額を言っていることが多いのです。

 

 

同じ意味で、
財産が多い場合は慰謝料とは別に
財産分与が請求できます。

 

 

慰謝料の金額を決めるのは、
夫婦お互いの責任や婚姻期間、
未成年の子どもの有無や財産分与の状況など
全体的な状況が考慮されます。

 

 

 

慰謝料をたくさん貰う方法はあるのか?

 

 

実際、不倫の代償として慰謝料を
1,000万円くらい請求したと思うこともあるでしょう。

 

浮気や不倫によって相当つらい思いをされてきたと思います。

 

しかし、裁判では相場から大きく離れた
金額が認められることは稀(まれ)です。

 

 

 

一方、夫婦の話し合いや調停によって慰謝料の額を決める場合は、
交渉次第で慰謝料の金額も変わってきます。

 

そのため、場合によっては
裁判で認められる金額よりも、
多額の慰謝料を支払わせることができることがあります。

 

 

 

慰謝料を請求する具体的な方法

 

 

すでに離婚に向けて動いている場合、
離婚の協議や訴訟とあわせて慰謝料を請求します。

 

 

離婚はしないで浮気相手にのみ慰謝料を請求した場合は
地方裁判所に訴訟をしましょう。

 

140万円以下の場合は簡易裁判所です。

 

 

どのような手続をとる場合でも、
裏付けとなる証拠が必要です。

 

 

裁判で決着をつけることになった場合、
「証拠がすべて」になります。

 

裁判の前段階の離婚調停でも、
確実な証拠があると、調停員が味方についてくれます。

 

 

必ずしも離婚をしない場合でも、
客観的な証拠を集めることで、事実関係がわかり、
望む結果を得やすくなります。

 

 

浮気にもとづく慰謝料の請求では、
実際に浮気をしていた証拠が必要となります。

 

 

証拠として有力なのが「 写真 」です。

 

 

パートナーと浮気相手が一緒にホテルに入り、
一定時間を得て出てくるところを撮影できれば、
決定的な証拠となります。

 

 

証拠として重要なのは、
パートナーと浮気相手の顔がはっきりと
写った写真であることです。

 

 

ただ、このような写真は、
一般の方が簡単に撮影できるものではありません。

 

 

本気で証拠をそろえようと思うのであれば、
信頼できる探偵事務所(興信所)に依頼することを
おすすめします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

後悔しない為の、探偵の選び方!


探偵事務所では、ほとんどの場合
事前相談を受け付けています。


まずはその探偵事務所が信用できるのか、
しっかりと見極めることが大切です。



相談員や調査員の人柄はどうか、
相性はあうか。


言っていることに、嘘や偽りはないか。

重要事項の説明など、
法令に基づいた手続きを行っているのか。


これを見極めるのは、
始めて探偵に依頼をしようという方には
難しいものです。


でも大丈夫!


探偵の選び方が分からない、という方が、
簡単にしかも優良で良心的な探偵を選ぶことができる
画期的なサービスがあるのです。


「探偵探しは難しいし不安」
「間違った探偵を選んで後悔したくない」
という方は、


匿名OK!無料相談で
あなたに最適な探偵を紹介してくれる



「探偵探しのタントくん」
をおすすめします。


探偵探しのタントくん