浮気してるかも…探偵はどんな浮気調査をしてくれるのか

失敗しない探偵選び。たった2分で出来る簡単な手続き



浮気してるかも…探偵はどんな浮気調査をしてくれるのか

 

探偵に浮気調査を依頼すると、まず電話やメール、面談で相談を行います。

 

中には相談料を取らない業者もあり、どうして浮気を疑っているのか、調査対象の普段の様子などを話します。

 

浮気調査に関わる見積もりが提示されるので、妥当だと思ったら契約が成立して調査が始まります。

 

浮気調査の主な内容

 

浮気調査の主な内容は、「離婚を巡る裁判で確実な証拠を掴み、依頼者が有利な判決を得る」ことです。

 

配偶者の不貞行為は離婚する大きな要因です。

 

不貞行為とは肉体関係を持つ浮気のことだと法律で決まっています。

 

よって決定的な不貞行為を示すには、配偶者が異性と食事をしたりショッピングをしたりしている写真では効力を発揮できません。

 

 

浮気の証拠の集め方

 

不貞行為を証明するためには、浮気相手とホテルに入る瞬間などを激写する必要があるので、探偵は尾行して行動を監視します。

 

配偶者が浮気相手の家に入るだけでは、相談事があって数分間だけ滞在したと言い訳をされる可能性があります。

 

よってその家に女性が住んでいることや、入ってから出て行くまでの時間、頻繁の通っていること全てを証明しなければなりません。

 

盗聴など非合法な手段で得た証拠は裁判で認められないことがあるので、1日中尾行するのを何日も繰り返します。

 

 

 

浮気の決定的な瞬間を撮ることができないときは

 

もし決定的な瞬間を撮ることができなくても、配偶者や浮気相手に浮気がバレているとプレッシャーをかけることは可能です。

 

ホテルの領収書や二人で仲良く手をつないで歩いている姿など、単体では浮気と決め付けることができなくても、複数の根拠を示すことで相手からの自白を得られれば裁判もスムーズに進みます。

 

不貞行為がなくても、ドメスティックバイオレンスなどで苦しんでいる人には、医師の診断書を用意することで、相手に明白な責任があると主張できます。

 

また浮気調査では日常生活で見かける些細なものが有力な証拠になることもあるため、探偵から探すようにアドバイスを受けることもあります。

 

 

浮気相手からの「手紙」や「メール」も活用できる

 

浮気相手からの手紙やメール、浮気相手と泊まったと考えられるホテルが書かれたメモなど配偶者が油断して片付け忘れているものも利用できます。

 

ただし携帯電話や手帳を盗み見ていることがバレれば、配偶者がさらに警戒して浮気相手と距離を置くなど、状況が不利になることがあるので、依頼人はできる範囲で動きます。

 

一方で、探偵は何か配偶者が不貞行為に及んでいる根拠がないかを常に探しています。

 

定期的に進捗を知らせて、浮気調査をしっかり行っていることを伝えます。

 

 

浮気相手が分からない場合

 

そもそも浮気をしていることに薄々気づいていても、誰と浮気しているのか分からないケースもあります。

 

配偶者が勤務している会社で出会った異性であれば簡単に特定できますが、出会いの場は一つではないため依頼人が全く知らない異性と浮気をしていることもあります。

 

基本的に浮気をしていると予想される日時に張り込みや尾行を行って、行動を調査します。

 

浮気を確かにしていて浮気相手の仕事や生活パターンが分かれば、さらに深く調査することができます。

 

浮気現場を押さえても、調停で確実に勝ちたい時は、勤務先や結婚の有無など浮気相手の素性を調べます。

 

これによって慰謝料を多く取れる可能性があります。

 

 

探偵や興信所の経費

 

尾行中に使った公共交通機関の料金やガソリン代は、実費の清算を済ませることが多いです。

 

最初の見積もりから1日ごとに1000円ほどプラスされるので、調査が長引けば費用もかかります。

 

依頼する時に報告書を手渡しでもらうか、郵送してもらうかを決めておくと良いですよ。

 

親切な探偵に依頼すれば浮気調査の結果、配偶者が確実に不貞行為をしたと判断できると、今度は依頼人がどうしたいかを決めることになります。

 

 

離婚か復縁か

 

最近は女性が一人で生きていくのが珍しくない社会になっているので、夫婦の間でトラブルがあると離婚を簡単に決断できるカップルもいます。

 

しかし離婚によって子供がかわいそうな思いをするのではと不安に思う依頼人も多いです。

 

さらに女性は自分の年齢で正社員として雇ってくれる会社があるかと経済的な不安も出てきます。

 

一度結婚を機に会社を離れると、今までのように仕事に戻るのは難しい場合があります。

 

一方で、依頼人が男性である時は配偶者が行っていた家事を自分でする負担を懸念します。

 

夫が外で仕事をして妻が家事をするという昔ながらのライフスタイルが定着していると、証拠がどれだけ揃っていても裁判まで持ち込みたくないと考え始めます。

 

その場合は、探偵が仲介役となって夫婦の仲を修復できるようにいくつかのアドバイスを行います。

 

きっぱりと離婚する夫婦では、確実な証拠があれば、裁判を行わないで慰謝料を支払うことで浮気調査も終わります。

 

仲には財産分与や慰謝料、養育費に関する文書に署名するところまで立ち会ってくれます。

 

文書による取り決めを行わないと、長期的に支払う養育費などは途中から振り込まないなど新たなトラブルの原因になるので、両者が納得する金額が提示されるまでが浮気調査と考える業者に依頼すると良いです。

 

後悔しない為の、探偵の選び方!


探偵事務所では、ほとんどの場合
事前相談を受け付けています。


まずはその探偵事務所が信用できるのか、
しっかりと見極めることが大切です。



相談員や調査員の人柄はどうか、
相性はあうか。


言っていることに、嘘や偽りはないか。

重要事項の説明など、
法令に基づいた手続きを行っているのか。


これを見極めるのは、
始めて探偵に依頼をしようという方には
難しいものです。


でも大丈夫!


探偵の選び方が分からない、という方が、
簡単にしかも優良で良心的な探偵を選ぶことができる
画期的なサービスがあるのです。


「探偵探しは難しいし不安」
「間違った探偵を選んで後悔したくない」
という方は、


匿名OK!無料相談で
あなたに最適な探偵を紹介してくれる



「探偵探しのタントくん」
をおすすめします。


探偵探しのタントくん