【保存版】もう大丈夫!離婚をするときにお世話になる専門家

失敗しない探偵選び。たった2分で出来る簡単な手続き



 

離婚をしようと考えたときに、
まずやるべき事は、現状の把握です。

 

離婚にいたるまでの経緯や
子どもと財産の状況を整理しましょう。

 

そのうえで、どのように行動するかを考えます。

 

 

離婚するには段階があり、

  1. 夫婦間の話し合い
  2. 離婚調停
  3. 離婚裁判

の順番になります。

 

 

でも、結局どうしたらいいのか分からない。

 

 

そんな時、あなたを助けてくれるのは、専門家です。
離婚後にお世話になる専門家や公的機関はたくさんあります。

 

その主なものを紹介します。

 

もう大丈夫!離婚をするときにお世話になる専門家

 

市役所・区役所

 

離婚について考えた時、
あなたが住んでいる市役所または区役所に電話してみましょう。

 

そこで「生活相談課」に繋いでもらい、
離婚について相談したい旨を伝えます。

 

この課は、弁護士との仲介役になります。

 

 

弁護士

 

 

夫婦間の話し合いで決着がつかない場合、
親権や財産分与などをめぐって、法律的な問題に直面することがあります。

 

この問題は複雑なため、
弁護士に法律的な観点からアドバイスをもらいましょう。

 

 

裁判ということになれば、
あなたの代理人として法定にも立ってくれます。

 

 

裁判までいかなくても、離婚協議や調停の場に立ち会い、
いろいろな主張をしてくれたり、

 

あなたの代わりにパートナーやその浮気相手に会って、
さまざまな交渉を進めてもらうこともできます。

 

 

とくにパートナーや浮気相手に慰謝料を請求したい場合には、
強い味方となってくれます。

 

弁護士は市役所などの他、
法テラスなどでも紹介してもらえます。

 

 

▼法テラス▼
http://www.houterasu.or.jp/

 

 

また、浮気に強い弁護士を、
探偵事務所からも紹介してもらえることがあります。

 

 

 

カウンセラー

 

 

離婚でもめた場合、大変な心労がかかります。

 

法律的な問題は弁護士のアドバイスを受けて解決できますが、
心の問題は解決できません。

 

そんな時にお世話になるのが、心理カウンセラーです。

 

 

離婚を迷っている時や、逆に離婚を言い渡されて混乱しているときも、親身に相談にのってもらえます。

 

 

地方自治体

 

 

離婚が決定し、一人で未成年の子どもを育てることになった場合、一人親に対するさまざまな公的扶助制度があります。

 

しかし、その内容は地方自治体によって異なります。

 

離婚後の生活をたてるためにも、まずは地方自治体に相談し、自動扶養手当や所得税・健康保険料の減額などを受けておきましょう。

 

公的扶助制度の活用は、今後とても重要になってきます。

 

 

 

公的職業安定所(ハローワーク)

 

 

これまで専業主婦だった場合、
離婚をきっかけに働く必要がでてきます。

 

 

職探しにあたっては、ハローワークを活用しましょう。

 

働き口を紹介してくれるだけでなく、
職業訓練を受けるという手段もあります。

 

 

マザーズハローワークという、
子育て中の母親を中心に支援する機関もあるので、
活用してみるといいでしょう。

 

 

 

福祉事務所

 

福祉事務所とは、生活保護などの相談ができる福祉行政機関です。
都道府県や市区町村が設置しています。

 

 

福祉六法

 

生活保護法
児童福祉法
母子及び寡婦福祉法
老人福祉法
身体障害者福祉法及び知的障害者福祉法

 

の相談ができますので、
離婚後、なんらかの理由で就労できなければ、
一度訪れてみるといいですよ。

 

あなたの強い味方になってくれます。

 

 

 

配偶者暴力相談支援センター

 

 

配偶者暴力相談支援センターは、
配偶者からの暴力の防止や保護を図ってくれます。

 

また、カウセリングや
緊急時の安全の確保や一時保護、
施設の利用やその他の援助もしてくれる機関です。

 

配偶者が暴力をふるい、
自分や子どもの身体に危険があるときは、
配偶者暴力支援センターに相談することをお勧めします。

 

 

▼配偶者暴力相談支援センター▼
http://www.gender.go.jp/e-vaw/soudankikan/01.html

 

 

 

探偵事務所・興信所

 

パートナーの浮気が疑われる場合、
探偵事務所に相談するのが最も効果的です。

 

 

浮気が確定し、写真などの証拠を押さえることができれば、
その後の協議や裁判を有利に進めることができます。

 

ただし、探偵によっては悪徳なところもあるので、
しっかりと吟味することが必要です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

後悔しない為の、探偵の選び方!


探偵事務所では、ほとんどの場合
事前相談を受け付けています。


まずはその探偵事務所が信用できるのか、
しっかりと見極めることが大切です。



相談員や調査員の人柄はどうか、
相性はあうか。


言っていることに、嘘や偽りはないか。

重要事項の説明など、
法令に基づいた手続きを行っているのか。


これを見極めるのは、
始めて探偵に依頼をしようという方には
難しいものです。


でも大丈夫!


探偵の選び方が分からない、という方が、
簡単にしかも優良で良心的な探偵を選ぶことができる
画期的なサービスがあるのです。


「探偵探しは難しいし不安」
「間違った探偵を選んで後悔したくない」
という方は、


匿名OK!無料相談で
あなたに最適な探偵を紹介してくれる



「探偵探しのタントくん」
をおすすめします。


探偵探しのタントくん